点数アップのために②国語力をつけるためには?

点数アップのために②国語力をつけるためには?

国語は点数が上がりにくい、とよく言われます。
しかし、子ども達の解答状況を見ていると、そもそも課題文をよく読んでいないケースが
多く、設問すらちゃんと読んでいないこともあります。

○「間違っているもの」を選ばなければいけないのに、「合っているもの」を選んでいる。
○「2つ選べ」と書いてあるのに、1つしか選んでいない。
○「記号」で答えなければいけないのに、言葉で答えている。

こんな間違えをよく目にします。
つまり、ちょっと気を付けてよく読むことで、点数アップできるケースも多くあるのです。

では、よく読む習慣を身につけるためには、どうしたらよいのでしょうか?
その解決方法の1つが音読です。
黙読だと読み飛ばしてしまっても分かりませんが、音読なら一字一句をきちんと
読まなければなりません。
特に小学生の場合は、音読する際に保護者様が横について読んでいるものを一緒に確認する
ことで、

○句読点で正しく区切って読めているか。
○漢字を読めているか。
○アクセントは正しいか。

といったことが分かります。
特に漢字については、読み方や意味が分からなくても、黙読だとそのまま読み飛ばしてしまう
ことも多いので、音読で読み方を確認し、難しい熟語については読み終わった後に意味を辞書で
調べるのが理想です(次回お話しします)。

また、読むだけで終わりにせず、読んだ内容をまとめてみると良いです。
「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「何に」「どのように」「どうした」といった内容を、
一文でもかまわないので書き出してみることで、文章をまとめる力がつきます。
初めから長文に取り組まず、まずは短い文から取り組むほうが無理なく続けられますし、
読むものも興味のあるスポーツの記事や趣味の雑誌などでもかまいません。
「楽しく」取り組むことを心がけてください。

お問い合わせ お問い合わせ
校舎
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。