徹底的に絞り込んで繰り返せ!

徹底的に絞り込んで繰り返せ!

今回は、学習の鉄則3 学習の対象は徹底的に絞り込んで繰り返せ!
について説明したいと思います。

鉄則2とかぶるところがあるのですが、
何度も繰り返すには繰り返せるだけの量であることが大前提です。
全部で500ページの参考書を何度何度も繰り返すことなんてできませんよね。

にもかかわらず、何冊も何冊も手を広げてしまっている人をよく見かけます。
学校のワークすら完璧にできていないのに、
大量に問題集を買い込んでる人いますよね。
これでは時間ばかりかかって繰り返せるわけがありません。
繰り返さない限り人間は覚えられないので点数は取れません。

勉強は最初から手を広げていくべきではありませんよ。
最初の段階ではむしろ逆に絞るのです。
徹底的に絞り込み、繰り返し、基礎を固める。
そうして基礎を盤石にした後に、応用問題に挑むようにし、
徐々に手を広げていくのです。

あと、問題集は最初から全部の問題を解こうとしたらダメですよ。
どれが基礎でどれが応用なのかすら区別がつかなくなり、
誰もが点数を取る基礎問題でも取りこぼすことになります。

まずは基礎だけを徹底的に繰り返しましょう。
応用までやることが必要だとしても、
基礎を固めることが結局は近道となります。

お問い合わせ お問い合わせ
校舎
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。