学習は必ず繰り返すこと。繰り返せないくらいなら最初からやるな!

学習は必ず繰り返すこと。繰り返せないくらいなら最初からやるな!

今回は

学習の鉄則2、人は一度では完全に覚えられない。必ず繰り返すこと!

について説明してみたいと思います。

人って一度学んだことを翌日までに7~8割忘れてしまう生き物です。翌日どころか、1時間以内に半分くらい忘れてしまいます。この忘れてしまう割 合を何とか低く抑えようとするには復習をするしかありません。しかも完全に忘れてしまう前に復習をしないと、前回習ったことの大部分が無駄になっ てしまいます。

ここで、みなさんに発想の転換をして欲しいのですが、10回復習することを前提とした学習を最初からしてみませんか?

どういうことかと言うと、10ページ分の学習をするとして、最初の1回目からその10ページをわからないことが何一つなくなるまで徹底的に調べあ げたり、先生に聞いたりして、時間をかける勉強はやめましょうということです。

どうせ10回復習するのです。10回目までに理解し暗記できればいいのですよ。ですから、わからないところがあれば、印をつけて、どんどん先に進 めばいいのです。最初からすべてを理解することはありません。というより、最初からすべてを理解しようとするから、時間ばかりかかって、何回も復 習する気が起きないのです。

しかも、1回目の学習というのは一番記憶に残りません。なぜかというと、理解することに全力を注いでしまうため、記憶するまでの脳の余裕がないか らです。だとしたら、そんな学習はさっさと終えてしまって、2回目以降の復習に進んだ方がいいと思いませんか?

復習をあまりしたことのない人はわからないかもしれませんが、復習というのは1回目にかけた時間の半分以下ですることができます。5回、6回と繰 り返していけば、そのスピードはさらに速くなります。わかっているところとわかっていないところをきちんと分けるという作業をきちんと行っていれ ば、わからない所だけに学習を集中させるのでさらに復習は高速化します。しかも、復習すればするほど学習j効果は上がります。復習ほど費用対効果 の高い学習はないのですよ。

最終的には教科書1冊全部の復習に1、2時間もあれば十分という状態に達します。別に超人的な能力が必要というわけでもなく、コツさえつかめば誰 でもできます。その為には教科書を自分でどんどん加工していくということが大切なのですが、その方法については定期試験対策用の勉強法として直接 指導させていただきますね。

習ったことは必ず繰り返す!繰り返せないぐらいなら最初からやるな!

この言葉を常に頭の中に叩き込んでいて欲しいと思います。

お問い合わせ お問い合わせ
校舎
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。